運転操作学習の未来

参照:自動運転LAB 「【最新版】ティアフォーと自動運転OS「Autoware」を徹底解説」
https://jidounten-lab.com/u_tier4-matome-autoware

 

ティアフォーが自動車運転技術を活用した自動車教習システムを開発

自動運転ソフトウェアを開発するティアフォー社が自動運転技術を活用した運転技能検定システム及び教習システムを開発した。2021年の事業化を目指している。自動運転技術を開発するティアフォーが自動車教習のシステムを開発した狙いはなんだろうか。

 

参照:TechCrunch 日本版 「ティアフォーが自動運転技術活用の自動車教習・運転技能検定システムを事業化に向け共同開発、9月28日に試乗会」
https://jp.techcrunch.com/2020/09/01/tier4-brain4-minami-hd/

 

増える需要

いままでの自動車教習は人間の指導員が同乗していたが、ティアフォーが開発したシステムではAIが車両位置や周辺情報を読み取り、的確な運転を指導・評価する。指導員の評価よりも画一的で公平な評価が期待でることや、指導員が不足している現状のニーズにマッチする。一般的な運転免許取得教習以外にも高齢ドライバー向け運転技術検定などのニーズもある。ユーザーが自分の必要なタイミングで学習するためのサービスは今後広まっていくと予想される。

 

ユーザーの都合に合わせて動画での学習

自動運転等の新しい機能が一般的になったことで自動車が高機能・複雑化している。製品の新しい機能をどのようにユーザーに説明し、使い方を学習してもらうかは自動車メーカーにとって優先順位の高い課題である。製品の全てをいままでの紙のマニュアルでユーザーが理解・学習することは困難であるが、使い方の説明にマニュアル動画を使うことは大変効果的である。(弊社のマニュアル動画サービスはこちら)ユーザーが好きな時に何度でも学習できることで、効果的に新しい機能を習得でき、また製品の機能を説明する販売店の負担も減らすことができる。

 

参照記事:TechCrunch 日本版 「ティアフォーが自動運転技術活用の自動車教習・運転技能検定システムを事業化に向け共同開発、9月28日に試乗会」
https://jp.techcrunch.com/2020/09/01/tier4-brain4-minami-hd/

関連記事一覧