プロセス削減
HMI開発業務を大幅に効率化する3つの改善ポイント

1.各工程ごとの最適な人材配置

HMI開発に必要な新たなスキル

ユーザーが愛着を持ち、好んで使いたくなるHMIを開発するには、人の心理や行動を深く理解できる専門家が必要です。ユーザーの心理や行動に合わせて作られたHMIデザインは適切にユーザーの感情を誘導できます。
またユーザーに具体的な行動を促し、商品力も向上させる魅力的なグラフィックデザインも必要です。開発工程ごとに人材に必要なスキルセットを見直し、そのスキルを持った優れた人材を専門業種/広いエリアから見つけ出す必要があります。

専門特化した分野のトップ人材とは

魅力的なHMIをデザインするにはクルマ以外の最先端の流行も敏感に感じ取り、新しいアイデアとしてHMIデザインに取り入れることができる人材が必要です。
また専門分野に特化し、業務速度が速く、アウトプット品質も高い人材が求められます。自動車開発以外の専門分野で行われている孤立的な開発方法をHMIデザイン開発に流用できる人材により開発効率も向上します。

サービス内容

・スキルセット構築 コンサルティング
・トップ人材のアサイン CreativeTank

 

2.後戻りしないワークフロー

ユーザーの心理を踏まえたデザインロジックの構築

人の心理と行動に関する学術研究を実際のデザインに活かすためには、個人の感性に頼らないユーザー調査を元にしたデータから客観的な判断する必要があります。

修正回数の半減

デザインミーティングを活用することで、会議の場で関係者の意見を反映させ、その場でデザインを行えます。色々なデザインバリエーションをもとに議論でき、イメージが明確化しやすいです。
またデザイン修正が上がるまでの数日を、1回の会議(1時間)に削減できます。
デザインミーティングを活用することで、ミスディレクションを削減して、目的とゴールに具体性を持たせることができます。
DesignMeetingへ

アート面/技術面をディレクション

アートディレクター/テクニカルディレクター職を設置し、工程を跨いで管理することで、異なる工程で起こる問題を事前に防ぎ、事情を聞き出す時間や解釈ミスによる修正を減らします。

サービス内容

  • ワークフロー構築(コンサルティング)
  • 学術研究調査
  • ユーザー調査
  • デザインミーティング
  • ディレクション

3.使用と意匠を一元管理する業務管理ツール

高機能化で複雑になったHMIの開発では、プロジェクトの長期化により、仕様書は容易に肥大化してしまいます。それを見やすく管理し、更新や修正にかかる手間を減らすことで管理コストを削減することができます。
複数の仕様書を管理し関連項目で紐付けすることで、大量の意匠データ(静止/動画/編集データ)を詳細に閲覧でき、バリエーション履歴と議事録を共に一元管理できます。必要な情報をすぐに検索閲覧できるため、思考と作業がストップすることなく業務をスピードアップできます。
業務管理ツールへ